今年も残すところ後数時間となりました。

何かしら目標を立てなくてはと思いながらも何も目標というものを立てずにココまできてしまった。

良く、『家を建てたじゃん?』とか言われるけど、それってただの通過点なだけで目標でも何でもなかったところ。

結婚ってのを目標にするのも何だか変な気がしてて、結婚したくても目標とは言えないしって部分でもあったww



あ。

でも、目標とまではいかないけど生活水準を上げる事を意識して生きて来た2017年だったとは思う。


例えば…

家を建てる時に良く聞く言葉が『不必要な物はなくす』ってありません?

必要最低限の物だけを取り入れる…というか。

俺の場合は逆で、先行投資しなかったらいつやるの?と思うタイプでして…だいぶ投資してやったなと思う。←背伸びしてw

そして月に一度は家具やら家電に投資。

毎月、何かしら今後に必要な物を一個ずつ揃えていくように心がけていた。

うん。それが俺の目標でもあったのかもって事に今Blogを書きながら気づいた感じです…(*´艸`*)




ま、そんなこんなで相変わらずのマイペース生活なんですが、息子ちゃんのルッくんさんの大きな成長を目の当たりにする一年でもありました。

グイグイ成長してくる我が子ではありますが、最近になっての大きな変貌が…








わ!さ!び!!…を食べる様になった事です!!!!!



皆さんは…

小学三年生の時に刺身にわさびつけて食ってましたか!?



俺に至っては中学二年の頃に同じ水泳部のみーにゃん♀が『お寿司はさびありよね〜!』と、大会後に大人発言をしていて、それに触発されてわさびに挑戦し始めた次第でございます。

まぁ、よくある好きな人の影響…ってやつです!(*´艸`*)ww



そんな俺の過去はどうでも良くって…

ルッくんさんのことっ!!!

わさびをつけて刺身を!寿司を!食べるようになったわけでございます。



きっと子供なりの背伸びを含め大きな成長だと思うんですよ。



それだけでパパは満足の一年だったりもするのです。

きっとこの先どんどん大人な発言もしてくるだろうと思う。

でも今のところはまだまだ抱っこが大好きボーイです!(*´艸`*)

腕枕もギューも大好きボーイですww

『好きな人いますかぁー??』って聞くと『はぁーい!』って手を挙げてくれますから!(*´艸`*)

ちなみに…

最近は先週海遊館で買ったカワウソのぬいぐるみと仲良しさんでして…

今日も抱っこして寝てましたよ♡



これ以上書くとただの親バカノロけになっちゃうんで控えますが…



2018年のまずまずの目標は、本気で蕎麦を打てる様になる事!!



それでいきますね?(*´艸`*)w



念願のそば打ち道具が年明けにウチに届きますので、この先、地味な趣味をどんどん増やしていけたらなとも思っております。しょーもないことでも何でも人生経験をどんどんつんでいきたいタイプなのです。←食べたい人は挙手ね?w



心の奥底では…



いつか日本酒を作れる様になりたい…という願望もあったりしますがまだ我慢。←作っちゃダメなんだっけな?www



恋愛もたくさんできると良いなー!( ゚∀゚)・∵ブハッ!!



必ず月に一本は良いワインを飲んでいこう!とも決めております☆



なーんて、ひとつ先の小さな未経験達をコツコツ人生に加えていったら自然とその先の未来が今の自分よりも経験豊富で心豊かにもなれ、犠牲愛溢れるあたたかい人間になれてるんじゃないかって寸法なのです…(*´艸`*)








はい。

突然のご挨拶となりますが…




皆様

2017年も相も変わらずたくさんのご支援ありがとうございました。

たかがTwitterだったりBlogではありますが、俺の欲求の捌け口、いや皆さんとのコミュニケーションの場として残しておいておいてほんと良かったなと思える一年でした。

仕事においてもやっとではありますが来年で社会人五年目となります。

微力ながらも会社の一部分になれてきたという自覚もできてきました。

バンドを辞めて三重県に帰ってきてからは『縁の下の…』を念頭に生きております。

ルッくんの為の、友達の為の、会社の為の、同僚の為の…誰かが喜んでくれることがボク喜び…という偽善者を心の奥底で演じていたんですが…

いつかは本当の偽善者になれるんじゃないか?と最近は思えるくらい人の力になれることが自分の力となり喜びとなってきております。

不思議ですよねww

それもこれもバンド活動をしている時にたくさんもらった皆様からの愛がそうさせてくれたのかなって。

なかなかできない経験というか、おっきな声で呼んでもらって求められるっていうことが俺にとっては最高の経験だったようで、この感謝の気持ちは一生を持って返していきたいなとも思うワケなのです。

一緒に競い合ってバカできる仲間だったりが常にいて、それを見守ってくれる大人な方々がいたっていうのも最高の環境だったワケなのです。

心の声を少し漏らしてみましたが…

来年もまたゆるく萩野家の私生活をあらわにしていくとは思いますが、ますますのお付き合いをしていただけたら嬉しいです。

 2017年。

どうもありがとうございました☆
Kousei